×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハウスクリーニングの考え方

ハウスクリーニングという仕事の考え方についてあれこれ書いているサイトです。なにかのお役に立てればと思います。ハウスクリーニングの需要は増加傾向にあります。

ハウスクリーニングの考え方1

ハウスクリーニングの考え方その一

ハウスクリーニング(お掃除)の仕事でご生計を立てている人たちをハウスクリーニング(お掃除)屋さんといいます。当たり前のことですが、ハウスクリーニング(お掃除)で生活を立てているわけですからプロです。ハウスクリーニング(お掃除)と大きな言葉で言いますが、実際はハウスクリーニング(お掃除)屋さんは多種多様であります。

ハウスクリーニング(お掃除)は一言言えば掃除。ハウスクリーニング(お掃除)屋さんは掃除屋さんです。ハウスクリーニング(お掃除)は、普通の家やマンションを掃除する業者や会社。事務所やお店などを主に清掃する業者や会社。新築のマンションなどをクリーニングする業者や会社などいろいろ分かれています。

事務所やお店をお掃除する業者や会社さんは、ハウスクリーニング(お掃除)屋さんというよりビルメンテナンス業通称ビルメンと呼ばれることが多いです。

それぞれ使っているハウスクリーニング(お掃除)の道具は、同じものもあればビルメンしか使わないもの一般家庭のハウスクリーニング(お掃除)にしか使わないものなど様々であります。作業にあたる人の数もビルメンテナンス業なんかは、比較的複数の人数でチームで作業することが多いです。逆に一般家庭中心に行ういわゆる在宅クリーニングには一人や二人で作業するところがほとんどではないでしょうか。

先程、普通の家やマンションをハウスクリーニング(お掃除)する業者や会社と書きましたがこれがまた色々な種類に分かれています。

ハウスクリーニング(お掃除)業は、かなり大きな言い方であり同じ仕事の種類でも細かくいうとたくさんの種類に分かれることになります。ただこれは、どのような仕事の種類にでも言えることでハウスクリーニング(お掃除)業界に限ったことではありません。

[PR]豆乳クッキー